カーテンは意外と汚れていることはご存知でしょうか。

ただ吊るしているだけなのでそれほど汚れないイメージがあるカーテンですが、人が動くことで部屋に舞い散ったホコリや外からのチリや花粉などで、少しずつではありますが汚れていきます。
見た目は綺麗なカーテンも吸着したホコリをずっと放置しているとだんだんと黒ずんできますし、その汚れが多ければ多いほどとりにくくなってしまいます。
汚れがひどくなる前に対処したほうがよいでしょう。

カーテンの理想的な洗濯頻度は厚手のもので年1回、薄地のレースタイプで年3回程度だと言われています。
お手持ちのカーテンが洗濯できるかどうかは 「取り扱い絵表示」を確認してください。
もし、洗濯機で洗濯できるカーテンであれば家庭で洗濯をしてみましょう。

まず、カーテンをカーテンレールから取り外しフックを取り、カーテンについているホコリを掃います。長らく洗濯していなかった場合、ホコリがたくさん付いていると思いますので、マスクをつけて外で掃うのがよいかもしれません。
あらかた掃うことができたらカーテンをたたんで大型の洗濯ネットに入れます。
ひだに沿って折りたたみ、縦長に折りたたみ終わったらそれを折り曲げるようにたたみます。

その後は洗濯機の弱洗い(手洗いモードなどお使いの洗濯機をご確認ください)で洗います。
すすぎはしっかり、脱水は軽くし、洗剤が残らないよう、カーテンを痛めないようにします。
洗い終わりましたカーテンは、フックを取り付け、しわを伸ばしそのままカーテンレールへとかけ吊り干しします。
できるだけ直射日光が当たるのは避け風通りをよくするといいでしょう。

カーテンを洗濯する上で注意したいことは、カーテンを洗うと生地によっては縮んだり、風合いが変わってしまう可能性があるということです。
また、生地によって洗濯機で洗濯できないもの、洗濯の方法が違うものもありますので、家庭で洗濯する場合はよく確認して行なうようにしてください。
特に気に入っているカーテンの場合は家庭で洗濯するのではなく、クリーニングに出すということを考慮に入れるのがお勧めです。

 

 

Lineup
壁紙
壁紙のお手入れ
ビニルクロスとその機能性
壁面のインテリア
カーテン
カーテンを綺麗に保つ
暖を逃がさないカーテンの薦め
カーテンを選ぶ基準は?
カーペット
カーペットのお手入れ
冬のカーペットの暖かさ
カーペットを敷く